商業出版(企画,編集,製作,発行)を第一とするビジネス部門(教養,実務,独立起業,利殖等)の出版社(東京)「アスカ・エフ・プロダクツ」
トップページへ戻る


「わかりやすい図解」の基礎トレーニング
「わかりやすい説明」のための図解とは、説得できるための「論理的」な図解とは〜

永山 嘉昭
2003年2月
税込価格:1575円
ISBN4-7569-0621-4


交渉の基本手順から、応用テクニックがよくわかる


【主要目次】

第1部 図解トレーニング<理論>

第1章●
図解とはどんなものか
  1.1 図解って?
●求められている図解による表現
●図解の中心は概念図
●伝わる技術
●図解の特長
●伝える技術
1.2 図解の基本形を知る
●図解を難しく考えない
●「囲む」「つなぐ」「配置する」で表現
●「囲み」で状態や構造を表現
●「つなぎ」で関連付けを表現
●「配置」で順序や位置付けを示す
●組み合わせて無限のバリエーションを作る
1.3 図形の基本形を作る
●囲みの基本図形
●基本図形の仕切り方方のパターン
●基本図形の重ね方のパターン
●基本図形の仕切りと重ねの複合パターン
●直線でつなぐ基本パターン
●分岐を示すパターン
●矢印で移動や変化を示す基本パターン
●矢印で拡散・収束を示す基本パターン
●両端矢印や双方向矢印で関連付けを示す基本パターン
●矢印で示す循環パターン
●時系列に並べるパターン
第2章●
いろいろある図解パターン
  1 基本パターンにはどんなものがあるか
●3角形を仕切って階層を表す
●座標にマッピングして位置付けを示す
●マトリックスで分析結果や位置付けを示す
●円の中に円を入れて包含関係を示す
●3つの円の重なりで全体と個々の関係を示す
●円を重ねて領域や相互の関係を示す
●中心と周辺の関係を放射型図解で示す
●中心からの放射状矢印で影響の広がりを図解する
●円形の収束型図解で融合や収束を示す
●円環状の矢印で循環を示す
●担当者を分けた作業フローで役割を明示する
●長方形を斜めに区切って割合を図解する
●異種の図解を組み合わせて相乗効果を出す
2.2 応用範囲が広い矢印
●矢印の種類を知り積極的に使う
●矢印を順接の関係、逆接の関係に使う
●矢印で因果関係を示す
●矢印でアクションを示す
●矢印に幅広い意味を持たせる
第3章●
図解の作図手順を知る
  1 図解の目的・役割は何か?
●図解作成の目的を明確にする
●図解の役割を明確にする
3.2 図解する手順
●トップダウンで図解する
●ボトムアップでキーワードの整理から始める
●トップダウンとボトムアップの両面から図解を進める
3.3 作図のコツ
●図解で細部まで表現しようとしない
●図解に正解はない
3.4 図解の具体例と作図手順
●用語解説に図解を活用する
●プレゼンに図解を活用する
●図解を議事録に活用する
●業務改善に図解を活用する
●教育に図解を活用する
●企画・提案に図解を活用する
●新聞記事を図解する

第2部 図解トレーニング<実践>

第4章●
トレーニングで図解技術を身に付ける
  1 図解基本トレーニング
[トレーニング 1]  関係の図解
[トレーニング 2]  矢印の意味
[トレーニング 3]  つなぎの図解
[トレーニング 4]  やり取りの図解
[トレーニング 5]  時間軸に沿った変化
[トレーニング 6]  因果関係の図解
[トレーニング 7]  プロセスの図解
[トレーニング 8]  収束の図解
[トレーニング 9]  拡散の図解
[トレーニング10] やり取りの図解
[トレーニング11] 対応の図解
[トレーニング12] 流れの図解
[トレーニング13] 包含と推移の図解
[トレーニング14] 循環の図解
[トレーニング15] マルチ循環の図解
[トレーニング16] 流れと循環の対比の図解
[トレーニング17] 階層表現の図解
[トレーニング18] 数式表現の図解
[トレーニング19] 段階的な要求の図解
[トレーニング20] 2次元の図解(1)
[トレーニング21] 2次元の図解(2)
[トレーニング22] 2次元の図解(3)
[トレーニング23] 2次元の図解(4)
[トレーニング24] ツリー構造の図解
[トレーニング25] マトリックスの図解
[トレーニング26] 提携関係の図解
[トレーニング27] 包含関係の図解(1)
[トレーニング28] 包含関係の図解(2)
[トレーニング29] 吸収・合併の図解
[トレーニング30] 棒グラフ風の図解
4.2 図解応用トレーニング
[トレーニング31] 決まった表現方法が特にない図解
[トレーニング32] グラフ風の図解(1)
[トレーニング33] グラフ風の図解(2)
[トレーニング34] 物理的な配置を意識した図解
[トレーニング35] 概念図を簡略化した図解
[トレーニング36] 分岐の図解
[トレーニング37] インパクトを感じさせる工夫をした図解
[トレーニング38] 新聞記事の図解(1)
[トレーニング39] 新聞記事の図解(2)
[トレーニング40] 新聞記事の図解(3)
[トレーニング41] 社説の図解

永山 嘉昭(ながやま・よしあき

1975年、横河電機製作所(現横河電機株式会社)入社。以来、一貫してドキュメント関連業務に携わり、1999年に横河グラフィックアーツ(株)に異動。現在、同社デジタルコンテンツ事業部長。主な著書は以下の通り。
「説得できる図解表現200の鉄則」、「説得できるビジュアル文書の鉄則〈Word DTP攻略編〉」(共著)、「説得できるプレゼンの鉄則〈PowerPoint徹底活用編〉」、「説得できるプレゼン・図解200の鉄則」(共著)、「説得できる文章・表現200の鉄則」(共著)、「わかりやすいマニュアルを作る 文章・用字用語ハンドブック」(共著)、「最新Windows DTP標準テキスト」(共著)、「最新DTP/PDF標準テキスト」(共著)、「ビジネス電子メールの書き方」、「マニュアルのビジュアル化技法」(共著)、「レイアウトなるほど!事典」(共著)、「取扱説明書のPL対策」(共著)、以上、日経BP社。「ビジネス文書のビジュアル化テクニック」(共著)、「プレゼンテーショングラフィックス」、「実践テクニカルイラストレーション」(共著)、以上、日刊工業新聞社。


- asuka F products Publishing inc. All Rights Reserved -