商業出版(企画,編集,製作,発行)を第一とするビジネス部門(教養,実務,独立起業,利殖等)の出版社(東京)「アスカ・エフ・プロダクツ」
トップページへ戻る


日本一わかりやすい マーケティングの教科書

日本一わかりやすい
マーケティングの教科書

時間を作り、貯め、節約し、増やす<ノウハウ>

重田修治
発行:2002年5月
税込価格:1575円
図書コード:ISBN4-7569-0543-9


【主要目次】
第1章●
「生活者」とは誰なのか? マーケティング的分析法
  1 売れる商品・サービスとはどんなものなのか?
 「ニーズとウォンツ」
2 なぜその商品・サービスが選ばれるのか?
 「ライフスタイル」
3 いつ、どこでモノは買われているのか?
 「購買行動」
4 買う・買わないはどうやって決めているのか?
 「購買意思決定プロセス」 
5 どんな広告戦略を立て、誰に売ればいいのか?
 「イノベーター理論」
6 優良顧客を見極め、手放さないためにはどうすればいいのか?
 「ライフタイムバリュー」
7 売れ筋・死に筋の境界線とは?
 「20─80の法則」
第2章●
収益を上げるためにはどうすべきなのか? マーケティング的分析法
  1 もっと収益性を上げるにはどうしたらいいのか?
 「ファイブ・フォース・モデル」
2 変化・チャンス・ピンチを見逃さない方法はあるのか?
 「SWOT分析」
第3章●
モノを売るために何をすべきか?
生活者に近づき、つながるためにすべきこと
  1 自社の製品はどんな人に買ってもらうべきか?
 「セグメンテーション」
2 どんなグループを自社の顧客にすればいいのか?
 「ターゲティング」
3 生活者と企業をつなぐ基本要素とは?
 「マーケティング・ミックス」
4 見ただけで伝えなければならないことは何か?
 「ロゴ・マーク」
5 もっと価値ある商品にするにはどうしたらいいのか?
 「ブランド」
6 売れる名前をつけるにはどうしたらいいのか?
 「ネーミング」
7 市場の変化に対応できる新商品開発タイミングとは?
 「プロダクト・ライフサイクル」
8 経営資源はどう配分したらいいか?
 「プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント」
9 ニーズに合った商品を開発するために一番必要なことは?
 「ポジショニング」
10 どうしたら最適な価格づけができるのか?
 「価格設定戦略」
11 もっとも収益が上がる戦略とは?
 「スキミング」と「ペネトレーション」
12 最適販売経路はどこにあるのか?
 「チャネル戦略」
13 効率のいい販売促進とは?
 「プロモーション戦略」
第4章●
再購入と、ITマーケティング 一度きりではない関係を続けるためにすべきこと
  1 どうすれば再購入につながるのか
  「CS(顧客満足)」
2 ITでマーケティングは変わるか?
 「ITとマーケティングコンセプト」
 ワン・ツー・ワン・マーケティング/マス・マーケティング
  データベース・マーケティング
  データウェアハウス
 データ・マイニング
 CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)
 テレ・マーケティング
 ダイレクト・マーケティング/リレーションシップ・マーケティング/インタラクティブ・マーケティング
 バイラル・マーケティング
 パーミッション・マーケティング
  アフィリエイト・マーケティング
第5章●
通勤電車でマーケティングができる?
鉄道事業とマーケティングの関係
 

1 なぜ通勤電車でマーケティングなの?
 「鉄道事業とマーケティング」
2 マーケティングの定義はあるか?
 「マーケティングって何?」
3 マーケティングはどこにある?
 「マーケティングの見つけ方」

 

重田修治(しげた・しゅうじ)
理工学研究科電子工学専攻博士前期課程修了。 大手シンクタンクへ入社し、情報システム開発から、流通分野を対象とするリサーチやコンサルティング、電子商取引関連プロジェクト、個人情報保護関連プロジェクトまで幅広い業務を経験後、退職。 外資系ダイレクト・マーケティング・カンパニーへ転職し、マーケティング部マネジャー職。 DWH、One to Oneマーケティング関連システムの企画導入から、顧客分析、各種マーケティングアナリシス、様々なプロモーションプログラムやロイヤリティプログラムの企画開発、実施に携わる。
うれしく(売れるしくみ).com:http://www.ureshiku.com/

- asuka F products Publishing inc. All Rights Reserved -