トップページへ戻る

デイトレ必勝 板情報・チャート・移動平均線の読み方

デイトレ必勝 板情報・チャート・移動平均線の読み方

銘柄じゃない、変動で儲けろ!

石井勝利
2009年1月
税込価格:1680円
ISBN978-4-7569-1264-0


:内容概略:
現在の相場では、今までの銘柄選びでは勝てない。
儲けを出すためには、板とローソク足と移動平均線を見て値動きに張るしかない。日経平均が回復するのを待つのではなく、現在の相場の乱高下に対応するべく、超短期のデイトレ手法を解説する。

書籍を購入する

【主要目次】

板情報・チャート・移動平均線の読み方
●目次
プロローグ これがわかれば株式投資は常勝だ
 

01 株は変動があるから儲かることを心得よ
02 個別の銘柄は平均株価の動向に影響される
03 上下を繰り返す株価ではチャンスが増える
04 勢いに乗って買い上がり、素早く逃げる
05 代表的な好業績銘柄には、下げ反動が必ずある
06 往復で稼ぐのがデイトレの醍醐味だ
07 下げ銘柄はそれだけでも儲かる

第1章 デイトレの勝利の基本はこれだ

 

01 出だしは遅く、利益確定は早く
02 売買は素早いことが一番だ
見込み違いは素早く逃げる小さく何回も、ロットで勝負せよ
05 勇気を持って朝の持ち合い抜けを買う
06 朝のわずかな時間で勝負が決まる
07 NYの株価の動きを利用して勝率を上げていく
08 証券筋の情報で株価が天井を打ちやすい

第2章 一番儲かるトレードは「超短期」だ

 

01 どんな銘柄にも上げのチャンスは必ずあるものだ
02 デイトレでは相場の方向を見てついていくだけでいい
03 大切なのは大きな値幅を狙わないことだ
04 いきなり値上がりランキングに入ってきた銘柄は
05 デイトレでは下げ相場でも儲けのチャンスがある
06 優良銘柄の下げの終わりを狙う
07 大型の銘柄はワンティック狙いを行う
08 短期のデイトレでは板にぶつけて注文する
09 目算が狂った時は素早く逃げよ
10 良い方向に向いた板は売りが多くなるまで待つ

第3章 どのような時でも一方通行はない

 

01 どの銘柄にも必ず「上げ」「下げ」がある
02 順張りが一番おいしいことは確かだ
03 業績には必ずしも連動しない株価
04 銘柄の中にはひと味違った動きのものがある
05 下降トレンドの銘柄は売り建てで勝負
06 業績の下方修正は売られる可能性が極めて高い
07 人気銘柄の急落は買いのチャンスになる
08 明らかに割安な銘柄は下値不安が少ない
09 テーマ性のある銘柄は人気化しやすい
10 売り込まれすぎの銘柄の反発に乗る

第4章 5分ローソク足チャートの買いシグナルを身につけよ

 

01 「下値の持ち合い放れ」につくのが良い
02 陰線を大陽線が包むと上げになる
03 長い下ヒゲで始まる5分足は絶好の買いチャンスだ
04 持ち合い放れからの上げにはついていこう
05 複数の下ヒゲが出た時は極めて強い下値シグナル
06 3つの陰線の後の反発にはついていきたい
07 下げの後での「はらみ線」が上げシグナルになる
08 下値での「包み線」は上げのきっかけになる
09 赤三兵は下値に出れば上げのシグナル
10 下値での持ち合い放れは上値が大きい
11 「明けの明星」は株価上げのきっかけに
12 三角持ち合い放れは下値でも中断でも上げやすい
13 ボックス圏からの上放れは大きく動く
14 「逆襲の陽線」は買いのチャンスになる
陰線の後の下ヒゲは買いのシグナル

第5章 5分ローソク足チャートの売りシグナルはこれだ

 

01 上値でいきなりの大陰線は下げの始まり
02 上値での上ヒゲは上値の限界である
03 高値に出た「宵の明星」は下げのシグナルだ
04 高値に出た「抱き線」は下げのシグナルになる
05 高値持ち合い後の大陰線は即刻売り
06 上に離れた陰線二つは上値限界
07 上値の赤三兵は下げの始まりになる
08 寄り付きからの大陰線は売りから入る
09 長い持ち合いからの下げは売りになる
10 相場の転換を示す上げから急落へ

第6章 板情報をしっかり読んで儲けよう

 

01 寄り付き前の気配から追ってみよう
  三菱UFJフィナンシャルグループ(8306)
02 朝から強烈に上げた株価が頭を打つ時
  小松製作所(6301)
03 人気化している銘柄の朝安後の反発を狙う
  ソフトバンク(9984)
04 急騰後の持ち合い放れを狙う
  日本製鋼所(5631)
05 朝の気配に騙されやすい動き
  クボタ(6326)

第7章 移動平均線と株価でその先の相場を読む 

 

01 ゴールデンクロスは株価上昇のシグナルだ
02 デッドクロスが出れば株価は下げていく
03 移動平均線に対して株価が上に離れすぎた上方乖離は下げる
04 下方乖離が大きくなった銘柄は再び上昇しやすい
05 グランビルの買いシグナル(1)
06 グランビルの買いシグナル(2)
07 グランビルの買いシグナル(3)
08 グランビルの買いシグナル(4)
09 グランビルの売りシグナル(1)
10 グランビルの売りシグナル(2)
11 グランビルの売りシグナル(3)
12 グランビルの売りシグナル(4) 


石井勝利(いしい・かつとし)

早稲田大学政経学部卒業後、新聞記者生活を経て独立。金融・経済ジャーナリストとして活躍。とくに株式投資・不動産投資に対しては、個人投資家の立場に立ったアドバイスに定評がある。石井経済研究所代表。
現在、毎日新聞の経済コラムにて「住宅ローン・アドバイス」も長期連載中。
主な著書としては、『「株達人」の売り方に技術を学ぼう!』『個人投資家のための信用取引の儲け方』『とりあえず「株くらい」やってみるマニュアル』『いま、マンションを買うのはやめなさい』『短時間で裏読みまで 日経新聞の読み方』(いずれも明日香出版社)など多数ある。

[資産運用KURABU]
http://ameblo.jp/sumidagawa65/




- asuka F products Publishing inc. All Rights Reserved -
商業出版(企画,編集,製作,発行)を第一とするビジネス部門(教養,実務,独立起業,利殖等)の出版社(東京)「アスカ・エフ・プロダクツ」
トップページへ戻る